ルーカス・グラビール ランキング!

Brahms / Hans Schmidt-Isserstedt, 1961: Ungarische Tänze (Complete) - NDR Symphony Orch.

ハンス・シュミット=イッセルシュテットは、ドイツの指揮者。
このチャンネルは YouTube の動画検出システムによって自動的に生成されました。

ザ・タカラヅカ 【鏡の中のあなたと私】 計算にチャレンジ

1976年2月6日放送 NO270【鏡の中のあなたと私】 出演 汀夏子さん 麻実れいさん 高宮沙千さん 大空美鳥さん ♪ ユー・アー・ザ・トップ...

◆JPOPランキング◆
ここを友達に教える
アニメ動画ランキング

ルーカス・グラビール ランキング!

ルーカス・グラビール モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」全4幕 [DVD]

イッセルシュテット唯一のフィガロ音源。1953年からハンブルグ歌劇場の総監督を務めたロルフ・リーバーマンの演目を記録するための映画第一作。ライヴ収録ではないが、舞台を記録した映画であり、カットをときどき割っている。ドイツ語公演。 マティスのスザンナが特に素晴らしい。マティスとベーム指揮グラモフォン盤CDはこの翌年である。歌手はみな情感あふれる歌唱だし、演技も自然で、容姿も申し分ない。バルバリーナも新進歌手ではなく、しっかり歌われている。 スザンナは黒髪だが、夫人はブルネットで、第四幕ではスザンナは伯爵夫人のドレスを着用し、ブロンドのカツラをつけ、右目の横に付けボクロまでして、完全に変装していた。 使用人たちは男性はフィガロと同じ服装で、女性はスザンナと同じ。使用人数は多く登場し、伯爵の権勢ぶりが察しられる。 モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」全4幕 [DVD] 関連情報

ルーカス・グラビール ハンス・シュミット=イッセルシュテット・コレクション~1950-1964

イッセルシュテットは北部ドイツ人。その特質は、フルトヴェングラー的なデーモンとも、カラヤン的機能主義とも異なる。テンポは基本的にあまり動かさず悠然と落ち着いた構え、強奏でも乱れはなく一定の節度を保つ。作為的な情緒とは無縁ながら、その音色には特有の滋味がある。無理のない安定した運行ゆえに、神経は細部までゆきとどき、オーケストラから最良のものを引き出す名指揮者である。本集は、1950年代を中心とした手兵、北ドイツ放送響との古い音源が中心。本集でしか聴けない記録も多い一方、主力のベートーヴェンでは別にウィーン・フィルとの秀でた全集( ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」 などを参照)があり、また、ブラームスでも他の廉価盤 Brahms: From Hamburg もある。よって、根強いファンは別として、購入にあたっては慎重な判断もいるだろう。(収録情報:カッコ内録音年、オケの記載のないものは北ドイツ放送響)【バッハ】・ロ短調ミサ BWV 232(1950年)マルゴット・ギヨーム(ソプラン)、ゲルトルート・ピッツィンガー(アルト)、ワルター・ガイスラー(テノール)、ヨーゼフ・グラインドル(バス)・ブランデンブルク協奏曲第2番(1961年)【パッヘルベル】・カノン(1954年)【ヘンデル】・オラトリオ「メサイア」(1953年)アニー・シュレム(ソプラノ)、ロレ・フィッシャー(アルト)、ルドルフ・ショック(テノール)、クルト・ベーメ(バス)、ケルンNWDR合唱団、ハンブルクNWDR合唱団、ケルン放送響【ハイドン】・交響曲第92番「オックスフォード」(1953年)シドニー交響楽団・交響曲第94番「驚愕」(1955年)・交響曲第101番「時計」(1961年)・交響曲第103番「太鼓連打」(1954年)【モーツァルト】・交響曲第38番「プラハ」(1959年)・交響曲第40番(1959年)・交響曲第41番「ジュピター」(1961年)・レクイエム(1952年)、「エクスルターテ・ユビラーテ」モテット※(1953年)、リーザ・デラ・カーザ(ソプラノ)、マリア・フォン・イロスファイ(アルト)、ヘルムート・クレプス(テノール)、ゴットロープ・フリック(バス)、※マリア・シュターダー・「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」(1955年)【ベートーヴェン】・交響曲第7番(1961年)・交響曲第8番(1961年)・交響曲第9番ニ短調「合唱」(1951年)、ビルギット・ニルソン(ソプラノ)、マリア・フォン・イロスファイ(アルト)、ヴァルター・ルートヴィヒ(テノール)、ルートヴィヒ・ウェーバー(バス)、Das NDR Chorus【シューベルト】・交響曲第5番(1955年)・交響曲第6番(1958年)ロンドン響・交響曲第9番「グレート」(1959年)・劇音楽「ロザムンデ」D.797(抜粋)(1955年)【ブラームス】・交響曲第2番(1955年、1957年)・ハンガリー舞曲集(1954年、1961年、1962年)・ハイドンの主題による変奏曲 (1962年)【リスト】・ハンガリー狂詩曲第2番(1959年)【ワーグナー】・ニュルンベルクのマイスタージンガー:第1幕への前奏曲(1952年、1961年)北ドイツ放送響、第3幕への前奏曲(1952年)・「パルジファル」~前奏曲(1961年)・交響曲ハ長調 WWV 29(1962年)・「ラインの黄金」~ハルハラへの神々の入場(1955年)・「ワルキューレ」~ワルキューレの騎行(1955年)・「ワルキューレ」~魔の炎の音楽(1955年)・「ジークフリート」~森のささやき(1955年)・「神々の黄昏」~ジークフリートのラインの旅(1955年)・「神々の黄昏」~ジークフリートの葬送行進曲(1955年、1961年)【ブルックナー】・交響曲第9番(1952年)【マーラー】・交響曲第2番「復活」(1956年)オダ・バルスボルク(ソプラノ)、ジークリンデ・ワーグナー(メゾ・ソプラノ)、北ドイツ放送響・「大地の歌」(1964年)ナン・メリマン(アルト)、フリッツ・ヴンダーリッヒ(テノール)【チャイコフスキー】・交響曲第4番(1960年:2種)・交響曲第5番(1952年)・交響曲第6番「悲愴」(1954年、1960年)【ドヴォルザーク】・交響曲第7番(1953年)・交響曲第9番「新世界より」(1953年、1957年)・弦楽のためのセレナーデ ホ長調(1963年)・管楽のためのセレナーデ ニ短調(1963年)・スラヴ舞曲集(第1、2、3、16番) (1953年)【ヴェルディ】・レクイエム(1961年)ステファニア・ヴォイトヴィチ(ソプラノ)、クリスタル・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)、ニコライ・ゲッタ(テノール)、ボリス・カルメリ(バス)、北ドイツ放送合唱団、ケルン放送合唱団【リムスキー・コルサコフ】・交響組曲「シェヘラザード」、.熊蜂の飛行(1959年)【ギュンター・ラファエル】・交響曲第5番(1960年) ハンス・シュミット=イッセルシュテット・コレクション~1950-1964 関連情報

ルーカス・グラビール 私の中のあなた [DVD]

原作は読んでいない。原作はまた違うのかもしれない。が、この映画だけで判断する限り、「美しい家族愛の物語」などと、手放しで感動し賛美することはできなかった。なぜ?どうして?と割り切れないものが残った。そして、親も人、完全ではない。盲目になって周りが見えなくなるものなのだ、と思い知らされた。凄まじい愛憎の物語である。姉にこれ以上の生体臓器移植を拒む訴訟を起こす、などという、11歳の少女としては考えられないような行動に出た少女アナ。その素養は、弁護士であった母親の影響かもしれない。しかし親は、この小さな妹が、どれほど姉のことで心を痛め、自分を悪者にすることも厭わず姉の望みをかなえてやろうとしたのか、その思いをちゃんと受け止めただろうか。裁判の途中で兄が耐えきれず、この裁判を起こしたのは実は姉の望みであることを告白する。しかしもし彼が告白しなかったなら、どうなったのか。母親の性格を鑑みるに、勝訴しようと敗訴しようと、アナは母親に生涯憎まれたことであろう。「お前が姉を死なせることを望んだのだ」と。そして裁判中のやりとりから、自分は両親に、特に母親には、「家族の幸せのための存在」「姉のためのオーダーメイドのドナー」なる条件付きでしか愛されていないと、思い知らされることになる。彼女が受けた「子」としての打撃がいかなるものであったのか、彼らはわかっているのだろうか。父親は表立って母親のように妹からの腎臓移植を声高には主張しない。しかし、だからといって、どうして盾になってやらないのか。見境が無くなるほどに親も必死だったのだろう。特に母親は鬼ともなって姉娘を生かそうとした。しかし、この姉娘の最期の夜、姉娘は泣きじゃくる母を抱きしめて眠る。母が抱きしめているのではない、逆に、姉娘が後ろからあやすようにして母を抱きしめているのだ。この場面は秀逸であった。「もういいのだ、あなたは十分にやってくれたのだ」と、姉娘は言わんばかりであった。母は、自分が救おうとした娘に救われたのだ。それだけに、両親にも、アナを抱きしめてやってほしかった。「お前を二の次にして、姉娘を救うことばかりを思った。お前の肉体的犠牲の上に、家族の幸せを築こうと思った。私たちを赦しておくれ。お前に辛い思いをさせた」と、彼女に詫び、抱きしめてやってほしかった。アナの11年間の心と体の傷はそれほどに深かろう。そして、このような物言いは酷ではあるが、姉はどうして、一歩間違えば「姉を見殺しにした薄情な妹」の汚名を着せかねない残酷な役割を妹に与えたのか?押し付けたのではない。しかし、腎臓移植はもう効力はない、自分はもう安らかになりたいのだ、妹をこれ以上犠牲にしたくない、もう延命努力はしないでほしい、と思えば、どうしてそれをもっと両親に訴えなかったのか。残りの命を賭して、なぜ全力で妹を守ってやらなかったのか。妹の受ける打撃を考えれば、訴訟を起こさせるようなことをさせてほしくはなかった。全てを背負ったこの妹が哀れでならなかった。 私の中のあなた [DVD] 関連情報

ルーカス・グラビール ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」

ベートーヴェンの5番、1940〜50年代はフルトヴェングラー、トスカニーニの両巨星の演奏が、前者はドイツ精神主義の精華、後者は機能主義的アプローチの模範として尊重された。1960年代以降はステレオ録音が登場し、大勢は音響も加味して評価する方向となり、先行して人気を得たのはライナー/シカゴ響(1960年)だったと思う。 一方、カラヤンベルリン・フィルとのベートーヴェン交響曲全集を60年代から累次にわたって世に問い絶大な影響力を及ぼす。では、ライヴァル・オケたる天下のウィーン・フィルはどうであったか? イッセルシュテットが1968年全集を収録し大きな注目を集めた。特に、ベンチマークたる5番、9番は名演の誉れ高く、5番では人気絶頂のカルロス・クライバー盤(1974年)がのちに登場するまでは推選盤筆頭という評価も稀ではなかった。 改めてその5番を聴く。遅い演奏といってよいだろう。ライナー盤との各楽章比較では、第1:8:07(ライナー、以下同7:28)、第2:10:28(10:04)、第3:6:00(5:26)、第4:8:58(7:59)と第1〜3楽章までは各約30秒の遅行だが、なんと第4楽章は約1分も長い。しかし、遅いということを意識するのは実は他との比較においてであり、イッセルシュテットにとってはこの偉大な曲をキチンと過不足なく再現するためにはこのタイム・キーピングは必須であったのではないかと感じさせる。折り目正しく一切奇をてらわぬ正攻法の演奏である。 イッセルシュテットは北部ドイツ人ながら、フルトヴェングラー的なデーモンとも、ましてトスカニーニ的切り立つような彫刻美ともまったく異なる。テンポは動かさず悠然と落ち着いた構え、強奏は乱れず一定の節度を保つ。作為的な情緒とは無縁ながら滋味に富む。無理のない安定した運行ゆえに、神経は細部までゆきとどき、ウィーン・フィルはいかにも沈着な対応ながら、その実、指揮者、オケともに「前向き」な曲づくりの姿勢が自然に伝わってくる。5番に限らず、聴くうちにベートーヴェンの意図した音楽がここに見事に再現されているのではないかという確信がもてるような、安定した実に良い演奏である。→ Brahms: From Hamburg も参照 ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第6番「田園」 関連情報

ルーカス・グラビール わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels)

映画が素晴らしかったので原作を読みたくなった。残念だったのはケイトの語りがほとんど出てこないこと&まったく違うラスト!!(それは知っていましたが)読ませる力はある人とおもうし(ただ、前半のくだりは少々長い。飽きた。特にアナの章は設定が十三歳だけに微妙な幼さに入り込めず。映画で内容の多くを知っていたせいかもしれない)、何よりプロットが秀逸。でも、さらに秀逸だったのは映画のカサベテス監督という気がする。沢木耕太郎が原作がアクロバティックなのに比べ、カサベテスはバランス感覚に優れた人と評していたが、まさにその通り。原作のブラックユーモアみたいな終わり方にはどうしても馴染めず。登場人物を勝手に映画のキャラに当てはめて読んでいただけにかなりショックでした。(逆に小説から入ったら入ったでショックかもしれないけど) わたしのなかのあなた (Hayakawa Novels) 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
クルマランキング